1999年の1月末頃、朝日新聞の「声」の欄に投稿 しました。
 入院中にも懸命に受験勉強をしていた、中学3年生の女の子について書いたものです。
 危険な状態の子が安心して受験できるように投稿しました。
 掲載された後に、教育委員会からも電話をもらいました。これから善処すると。それでも
 あまり暖かい響きではなかったように思います。
 教育って、心の暖かさを培ってほしいと思います。教育者自らが言葉だけでなく、行動
 で生徒たちに示してほしいと思っています。
 その後、小生が聖マリアンナ医科大学の小児科に入局してから、患児への優しさを教え
 て下さった当時の教授の水原晴郎先生(お父さんは俳人で医者でもあった水原秋桜子)
 1999年9月号の「馬酔木」に、その投稿文と小生について掲載されました。それをこの場
 を借りて載せたいと思います。

 1999年(平成11年)2月2日の朝日新聞「声」

 1999年「馬酔木」9月号の22から23ページ

 この患者であるMaki-chanの記録