(7)そして、他界
病院に到着し、玄関前に車が停車すると、帰りの寝台車の中で横たわったままほとんど目を閉

じていた真紀ちゃんは、うっすらと目を開ける。運転手と助手があわただしく動き回る。
「ここから病棟まではこのままストレッチャーで行こうか。」と問うと。彼女は力なく首を横

に振る。ストレッチャーの方が楽には違いなかった。
「病棟を出発した時と同じように車椅子で帰りたいんです。」
ストレッチャーから車椅子に移す。今度は辛そうな表情は見せなかった。
車椅子の彼女はエレベーターの中でも下を向いたままだ。病棟に着くと、その場に居合わせた

看護婦達が出迎えてくれた。
「真紀ちゃん、お帰り。」「真紀ちゃん、よく頑張ったね。」みんなが声をかける。
車椅子の真紀ちゃんはわずかに会釈して、辛そうな顔をしながら、再び下を向いた。真紀ちゃん

が座ってる車椅子を、彼女の係りの看護婦にバトンタッチする。私はため息をついた。
ナースステーションから廊下に半歩ほど出て、真紀ちゃんの部屋の入り口の方に視線をやる。

そのうち、真紀ちゃんの乗った車椅子が見えて来る。部屋の前で止まった。真紀ちゃんは下を

向いたまま、声を噛み殺したように泣き出す。嗚咽が聞こえてくる。看護婦もその部屋の前で

立ち尽くす。遠くからも彼女の頬が濡れているのが見える。そのうち、看護婦が真紀ちゃんに

ひとことふたこと言って彼女の車椅子を押し始め、部屋に入って行った。
 この後のことを詳しく記述するのは止めよう。
真紀ちゃんは508号室に入って間もなく、激しい腹痛と息苦しさを訴えた。彼女の嫌いな点

滴をつなぎ、鎮痛剤の投与と酸素マスクを付ける。出血による貧血も認められたので輸血を続

ける。しかし、しだいに全身状態は不良になり、両親に見守られながら静かに他界した。
私はカルテに書き記す。
[ 本日の真紀ちゃんの死については、受験したことが悪影響を及ぼしたのは、私も認めよう。
文字通り、真紀ちゃんは受験に命をかけることになった。ただ、真紀ちゃんにとっては、今後

に希望を繋ぐ受験であったに違いない。私達(両親を含めて)は、受験場で真紀ちゃんが急変

するかもしれないこと、そして結果的には死期を早めるかもしれないことを覚悟の上で、受験

に協力、応援してきた。
 受験場で泣きながら痛みに耐え、酸素マスクや鎮痛剤を拒否し、試験問題に取り組んでいった

あの真紀ちゃんの姿を見た時、そしてすべての試験が終了して、看護婦のNさんと私に「どうも

ありがとうございました。」と言ってくれた時、受験させて良かったと思った。
そして、真紀ちゃんが他界した今もまた、その気持ちは変わらない。
25ヶ月の間の真紀ちゃんの「どうして治らないんですか。」という言葉が耳をつんざくが、
223日のあの真紀ちゃんの壮絶な闘いと、時折り見せてくれた笑顔を忘れはしない。
  さよなら、真紀ちゃん。
                        S.63 2.24.400AM   }